30代の肌に適した基礎化粧品を使用して肌ケアを

30歳からのスキンケア

保湿クリーム

一番ケアしたいのは乾燥

仕事に家庭にと、30代の女性は最も忙しい年代と言われています。そんな毎日であまり自分のための時間が取れず、お肌の手入れもついおざなりになり、ある日ふと気づくとシミやくすみやたるみや小じわが現れているといったケースがよくみられるのです。実は、皮膚の水分量や皮脂分泌量は20代でピークになり、後は減少していきます。このため、20代に比べて30代の肌は乾燥しやすく、これまで使用していた基礎化粧品ではうるおい不足になりがちなのです。そこで今まで使用していた基礎化粧品から、30代の肌に合う基礎化粧品に切り替えていくことが求められます。まずは乾燥対策を基本に、それからシミやたるみなど悩みに合った有効成分が配合されている基礎化粧品を選ぶことが推奨されています。

悩み別おすすめ成分

乾燥対策には、肌のうるおいを保持する成分が必要です。これについては、セラミドやヒアルロン酸といった成分が有効とされています。セラミドは元々肌に含まれ、細胞間に水分を挟み込む働きをしていますが、こちらも年齢を追うごとに減少するため、外部から補給することが求められているのです。ヒアルロン酸も同様に皮膚にある成分で、その高い水分保持力がうるおいを保つのに効果的とされています。30代の肌の悩みで最もよくあげられるのが、若い頃から蓄積された紫外線によるシミの現れです。長く放置していると消えにくいシミですが、できはじめのシミは美白効果のある成分が有効です。メラニンの生成を抑制する作用があるビタミンC誘導体はシミを薄くするだけでなく、シミを予防する効果も期待できるとされます。なお、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進する作用もあることから、シワやたるみにも効果的な成分です。

お肌の曲がり角のケア対策

険しい顔の女性

30代はホルモンバランスが崩れやすくなりますので、肌のトラブルが出やすいです。セラミドやヒアルロン酸が入った基礎化粧品を使って、保湿を十分に行う事が大事です。また、コラーゲンを生成する基礎化粧品を使う事でハリのある肌を取り戻す事が出来ます。

Read More

忙しくとも肌ケアを

鏡を見る人

忙しい年齢である30代の方には、オールインワン化粧品をおすすめします。複数の基礎化粧品の機能と効果を1つにまとめたオールインワン化粧品は、非常に簡単にしっかりとした肌ケアを行うことができます。ビタミンC誘導体、ビタミンE、コエンザイムQ10が配合されたオールインワン化粧品で、肌ケアを行いましょう。

Read More

若々しい肌を保つには

肌ケア商品

30代のケアは低下していく肌のハリや潤いを保つことが重要です。肌質が変化してしまう時期でもあるため、今使っている基礎化粧品の見直す機会でもあります。さまざまな商品が販売されているため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

Read More